第3次 地域高齢者声かけ運動 「プラス5人作戦」 展開中

第3次 地域高齢者声かけ運動 「プラス5人作戦」 実施要領

■趣旨
地域で孤立する高齢者を一人でもなくし、仲間づくりをすすめるため、会員一人ひとりが声かけを行う運動を全県的に取り組むことで会員増強と組織の強化を図ります。
■実施主体
市町老人クラブ連合会、地区老人クラブ連合会、単位老人クラブ
■目標
県老連  「全会員で声かけ運動をすすめよう」
単位クラブ  「新しい会員を年間5人以上迎えよう」
■運動期間
平成25年度から平成29年度(5か年計画)
■優良クラブの表彰
対象年度に新しい会員を5人以上迎えた単位クラブは、活動実績を紹介し、その功績を表彰する。但し、会員総数が減少する場合は該当しない(同数可)。
■表彰基準及び手続き
①対象:各年度内に新しい会員を5人以上迎えた単位クラブ
②対象期間:各年度(4月1日~3月31日)
③報告申請:様式1(達成報告並びに表彰申請書)を提出する
④受付期間:翌年度の5月1日~5月31日
提出書類 様式1-2  ←様式ダウンロード(PDF)できます
 ※単位老人クラブは、様式1‐2を市町(地区)老連へ提出ください。
■決定及び公表等
①申請内容をもとに理事会、調査研究委員会において表彰決定する。
②上記以外に、次の(1)~(3)を同時に決定する。
  • 1)新設クラブ表彰…(新設時の新規会員が30人以上であること)
  • 2)連続達成クラブ表彰…(5 か年のうち3 年または5年達成したクラブ)
    ※但し、第2次プラス5人作戦の実績からは継続しない。
  • 3)連合会表彰…(連合会全クラブの内、半数以上のクラブが達成した老連)

③表彰状(単位クラブ/会長名)並びに記念品を授与する。
④活動実績を「みんなの集い」プログラム紙上に掲載する。
⑤達成クラブを機関紙上にて公表する。
■実施上の留意点
・組織を再確認(活動診断等)し、役割分担を明確にし、実施計画書に基づいて会員一丸となって取り組みましょう。
・会員一人ひとりの勧誘が有効であるが、強引な勧誘は避けましょう。
・勧誘にあたっては、クラブ活動の内容を理解していただくと共に、高齢期になると仲間との語り合いや支え合いがいかに大切であるか、自らの体験とともに説明するようにしましょう。
・関係諸団体と連携し、全面的な協力を得られるように努めましょう。
■達成クラブ
プラス5人作戦達成クラブ一覧
●平成15年度「プラス5人作戦」達成クラブ一覧 97クラブ(858人純増)
平成16年度「プラス5人作戦」達成クラブ一覧 98クラブ(834人純増)
平成17年度「プラス5人作戦」達成クラブ一覧 122クラブ(1236人純増)
平成18年度「プラス5人作戦」達成クラブ一覧 124クラブ(1074人純増)
平成19年度「プラス5人作戦」達成クラブ一覧 123クラブ(936人純増)
平成20年度「プラス5人作戦」達成クラブ一覧 164クラブ(1502人増)
平成21年度「プラス5人作戦」達成クラブ一覧 161クラブ(1295人増)
平成22年度「プラス5人作戦」達成クラブ一覧 213クラブ(1775人増)
●平成23年度「プラス5人作戦」達成クラブ一覧 185クラブ(1,506人増)
●平成24年度「プラス5人作戦」達成クラブ一覧 197クラブ(1,717人増)
●平成25年度「プラス5人作戦」達成クラブ一覧 190クラブ (1,465人増)
●平成26年度「プラス5人作戦」達成クラブ一覧 158クラブ (1,326人増)
●平成27年度「プラス5人作戦」達成クラブ一覧 146クラブ (1,314人増)

平成28年度「プラス5人作戦」達成クラブの申請受付は、平成29年5月1日~31日までです。
  • ぼちぼちかがわ
  • 書式ダウンロード
  • ぼちぼちクラブかがわお知らせブログ
  • プラス5人作戦
  • 老人クラブ傷害保険
  • 見守り新鮮情報
  • 老人の日
  • おばあちゃん世代の育児体験記